CALENDAR
11月 « 2008年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
GYUTARO
Author: GYUTARO
北海道千歳市の和太鼓奏者
藤本靖之 のブログです。

市内唯一のソロプレーヤーして、
イベント出演やボランティアなどを
しています。

ご依頼やお問い合わせなど、
どんなメッセージでもお気軽に
お寄せ下さい。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

◆ メールはこちらへ… ◆
CATEGORY
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BLO-TOMO
TAIKO PLAYER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雅 ~お寺で楽しむ和の世界~

前の記事で試作していたポスターとチケットのデザイン…
本日、正式にOKが出ました

年明けには印刷を終わらせて、チケット販売も開始予定です。
HPにも詳細をアップする予定でいますが、一足早くブログでPRしますね。


 ~お寺で楽しむ和の世界~

miyabi

PDFは…こちら (画像イマイチですが…。)

日 時 : 平成21年3月22日(日)
      開場17:30、開演18:00
場 所 : 真光寺(千歳市清水町4丁目17)
入場料: 1,000円(税込、前売・当日共通、小学生以下無料)

出 演 : 山口千翠(篠笛)
      成田明月(吟舞)
      GYUATRO(和太鼓)
      井上捷岳(詩吟・友情出演)

チケットの取り置きなども致しますので、
ご希望の方はGYUTAROまでメール下さいね。

スポンサーサイト

ポスター

ここの所、パソコンに向かってせっせとポスターやチケットを試作しています。

来春に計画しているライブのね…

って言っても、バリバリ!和太鼓のライブじゃなくって、
篠笛、吟舞、詩吟と和太鼓と、4人での企画なので、
内容的には多分…しっとり系になるのではないかと思います。

時間的には1時間ほどのチョットしたのを…一応有料でね。

しかも会場はお寺の予定です。

概要は固まったものの、正式に告知出来るだけの準備がまだなので、
こうしてせっせとパソコンで作業したり、打ち合わせも必要だったり…です。

ポスター試作中

「モザイクかけるんなら、わざわざ画像アップすんなよ!」

…って言われそうですが、
とってもヤラシイ作品だから…じゃなくて、
画像編集ソフトのモザイクエフェクトを使ってみたかっただけです


…あそこのあなた

目の焦点をボカシて見たら、何かヤラシイもの見えるんじゃないか?
…って、今思ったでしょ

2つの世界

もともとは仕事の関係で知り合って、
最近は個人的な話も良くするようになった女性T.Hさんに、
以前、こんなメールをもらいました。

「(GYUTAROさんは)HPやブログでは、本業には殆ど触れていないので、
オープンにしない方が良いのかな~と思っていましたが…」


…と。

事実、HPのプロフィールで、自分の本業にサラッと触れている程度で、
このブログの記事を書くときも、直接的に本業に触れる記述は
意識して避けています。



そして先月の事…、

今年に入って何かとお世話になっている男性T.Kさんに、

「GYUTAROさんはプロとして太鼓を叩いているんじゃないから、
地域密着で、もっとこう日常生活の滲み出るような曲とかタイトルに
したらいいんじゃないかな?
見てる人が求めてるモノってそう言うモノじゃないかな?
例えば…○○○○とか…○○○とか…そんなタイトルいいんじゃない?」


…と、冗談混じりの何気ない雑談の中で、そんな趣旨のご指摘を…。

「あぁ…そうですね

なんて、その時は曖昧な返事しか返せなかったのだけれども、
“なるほど…それも一理あるなぁ…”と思っている自分と、
心の中でうなづいていない自分とが混在していたんです。



T.Hさんの言葉と、T.Kさんの言葉が心のどこかに引っ掛っていて、
仕事や家庭…と言った日常の自分と、
和太鼓(あるいはHPやブログ)を通して何かを表現しようとしている自分と、
…その2つの世界を意識的に隔てようとしている自分に改めて気付きました。



浮かんでくる想いを、一つ一つ並べて、何度も咀嚼しているうち、
その、2つの世界を隔てようとしている理由が、何となく見えてきました。



自分自身の内にあって、
言葉では上手く表現しきれていない本当の心…。
和太鼓を叩く事を通して、きっと僕はそんなものを表現したいと
願っているんじゃないだろうか…。

社会生活の中では、いろんな“しがらみ”や“制限”がまとわりついて、
自分に正直でいられない事も多々あるから、
和太鼓に向かう時は、良くも悪くも、自分の心に正直でいたい。

だからこうしてHPやブログを通して、
和太鼓プレーヤーとしての自分を表現する時も、
仕事や社会と言った日常を、出来るだけ持ち込みたくない…。



まだまだ整理しきれていない気はするけれど、
今の段階では、こんな言葉で表現出来るような気がします。



でも実際のところ、
最近は、和太鼓プレーヤーとして人前に立つ時は、
「本業は○○をしています!」ってハッキリ言う事は多いんですよね。

例えば、新聞の記事にしてもらった時や、
今月、NHKの番組で取り上げてもらった時も、
“○○業の傍らソロで和太鼓を叩いている”
…と言う切り口は付いて回る訳で、
確かに人の注目を集めやすい要素ではあるんでしょうね…。

今後、演奏を見たり聞いたりしてもらえる機会を増やして行けたなら、
その傾向はますます顕著になるのだろうけれど、

日常は日常。
太鼓は太鼓。

…と、自分の内側では、やっぱりメリハリは持っていたいんですよね。



以前、何かのコラムで、
「好きな事を職業にしている事が、必ずしも幸せな事だとは限らない」
と言うような趣旨の文章を読んだ事があるんですけど、
もしかしたら、太鼓を職業にしていないからこその幸せ…と言う物も、
あるのかも知れません…



…と言う事で当面は、
2つの世界を行ったり来たりのGYUTAROです。

ボラネンカイ

いつもお世話になっているボランティアサークルの忘年会でした。

焼き鳥居酒屋「もも太郎」にて

先月のボランティアに初参加してくれたwakaちゃんも、
とりあえずゲストで参加です。

「やぁ…去年の忘年会以来だね…」って方もいたりするんですが、
それはそれで、積もる話に花が咲いたりして、また楽しいものです。

料理もホント…美味しかったですよ。




…で、関係ないけどやっぱり気になる

後ろの壁のポスター…何のポスターだろ

ほっからんど北海道

和太鼓の話題でTVに出演!…と言う、
GYUTAROにとっての初体験

動画:2008/12/05 OA 「ほっからんど北海道」
2008/12/05 OA
「ほっからんど北海道」(NHK総合)の“この街この笑顔”のコーナーにて、
千歳で本業の傍らソロで和太鼓の活動を続ている…と言う切り口で、
GYUTAROを紹介いただきました。

ジンジン…

雪景色…とまでは、まだ行かないけれど、
すっかり寒くなったこの時期でも、外仕事が多いんです。

…で、長靴をはいて仕事をしていると、当然、汗もかくと言うもので、
吸湿効果のある中敷きを入れようと、シルクソックスをはこうと、
結露した汗で長靴の中もヒエヒエに…

そんな事を繰り返していると、気が付いたら今年も足が霜焼けです

小規模な霜焼けちゃんが、
足指の裏とか、小指の横とか、カカトの辺りとかに点在していて
歩くと痛いやらかゆいやらだし、風呂上がりにはジンジン…

最近、歩き方がぎこちないGYUTAROです。

…クリーム塗って…おやすみなさい

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。