CALENDAR
04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
GYUTARO
Author: GYUTARO
北海道千歳市の和太鼓奏者
藤本靖之 のブログです。

市内唯一のソロプレーヤーして、
イベント出演やボランティアなどを
しています。

ご依頼やお問い合わせなど、
どんなメッセージでもお気軽に
お寄せ下さい。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

◆ メールはこちらへ… ◆
CATEGORY
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
BLO-TOMO
TAIKO PLAYER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりに久々なので…

画像撮るのすっかり忘れておりました…。

…と言っても、毎度のボランティアではありますが、
何年ぶりかな?市内の福祉施設『新富ほっとす』。

職員の方は何人か顔見知りなのに、
お年寄りは皆さん初めまして…なのはちょっと複雑な気分ですが、
演奏体験も含めて、楽しんで頂けて何より

スポンサーサイト

10years

本当に久しぶりの東京…。5年ぶりです。

2003年に参加した鼓童塾(金子竜太郎編)
同窓会に出席するため、新宿へ行ってきました。

朝、バタバタと仕事を済ませ、新千歳空港へ向かうJRに乗るものの、
連日の雪でダイヤが乱れており、乗換駅でJRを諦めタクシーで空港へ…。
何とか飛行機に間に合いました。

羽田から京急、山手線を乗り継いで新宿駅へ…。
そこから500mほど歩き、東京都庁隣のホテルへ到着しました。

東京都庁(手前)とハイアット・リージェンシー東京(奥)

一旦、ホテルにチェックインした後、再び新宿駅へ向かい、
付近のカフェで数人の仲間と待ち合わせ…。
同窓会までの時間つぶしも、積もる話に花が咲きました。

夕方6:30…。会場の居酒屋へ移動し飲み物を注文すると、
次々と懐かしい顔が揃います。
そして、金子竜太郎さんも登場!
あちこちで写真撮影もはじまりました。

参加者全員で記念撮影

竜太郎さんとツーショット

10年前の秋、佐渡で出逢い、ほんの4~5日寝食を共にした仲間と、
今も変わらずこうしてお酒が飲める…。
懐かしく楽しい時間は、アッと言う間に過ぎて行きました。



仲間と解散して、僕は一人でブラブラと歌舞伎町へ…。
事前調査で気になっていたラーメン店、
新宿煮干 凪 新宿ゴールデン街店』を探しました。

細い路地を入りしばらく探すと発見!
北斗の拳のキャラクター、ラオウの看板が強烈です!

『我が煮干しに一片の悔いなし』発見! もの凄く狭い店内

もの凄く狭い店内には煮干しの匂いが立ち込めています。
煮干しでとった濃厚なスープ。
札幌ラーメンより太く、手打ちのような不均一な縮れ麺。
正直、チャーシューはイマイチな感はありましたが、
全く初めて食べる味に大満足!

探して来た甲斐がありました。



翌朝、ホテルを出て先ず向かったのは、お隣、都庁の展望室。
45階(地上202m)からの眺めは圧巻。
今回は時間の都合でスカイツリーは諦めたのですが、
展望室からはそのスカイツリーも遠くに見えました。

東京都庁展望室から見るスカイツリー

その後、大都会の街並みの中を歩きながら、ほど近い明治神宮へ…。
長い参道を歩き本殿に着くと、丁度そこには結婚式の行列が…。
大勢の観光客が見守る中、一行は厳かに通り過ぎて行きました。

明治神宮本殿前を通る結婚式の行列

本殿に参拝を済ませ、再び参道を通って原宿駅へ…。
そこからまた羽田に向かい夕方の飛行機に乗ります。


1泊2日の短い旅ながら、非日常を目一杯楽しめた良い旅でした。

今度、仲間に再開できるのはいつの事か…。

その日を楽しみに日常へと戻ったGYUTAROです

一年ぶりに…

ボランティアで、市内のグループホーム里の家に行ってきました。

2013.2.3里の家

本当は去年の12月に訪問する予定で、
皆さん楽しみにして下さってたんですが、
ちょうどその日が大雪で、除雪作業以外に手が回らず、
当日キャンセルしちゃってたんです…。

このグループホームは通算で5~6回行きましたが、
毎回、持って行った太鼓を直接触ってもらって、
座ったまま自由に叩いてもらってます。

はじめの頃は皆さん遠慮がちでしたが、
今回はかなり積極的!
だんだん皆さん…慣れてきたのかな

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年は肩の手術などもあり、
太鼓打ちとしては、ほぼ完全休業状態でした。

少しずつ…
小さなことから活動を再開できれば…
と思っておりますので、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年が皆様にとって良い一年となります様、
心よりお祈り申し上げます。

平成25年の初日の出

御?

太鼓の話題ではなく…なおかつ、もの凄いチッサイ話しですが…



たまに受け取る、披露宴や祝賀会の案内状…。

返信用のハガキに必ずあるのが、

・御芳名
・御住所

の2行…。

ゲストへの心遣いとして、定着しているスタイルだけど、
この2行…。“御”に取消線を入れる瞬間がどうもイヤ…

だって…
“御”の文字だけわざわざ取消線を入れて返信するのも、
当然のスタイルになってる訳で、
送り主も受取り側も、無駄な事をしてるのを知ってる…。
その上で、“御”の1文字を入れるのって、
ホントの意味で相手に対する心遣いだろうか?
…って、いつも思っちゃうんですよね…

敢えて言うなら、
『非礼な人間と思われないための自己防衛』
ではないかと。…お互いにね。


いつだったか一度だけ、
同級生の披露宴の案内に入っていた返信ハガキがこうでした。

・氏名
・住所

これは清々しかった

別に、同級生への案内だったから…と言う訳じゃなく、
この潔い言葉のチョイスはスゴイと思ってしまいました。

合理的な事がすべて良いとは思わないけれど、
相手も自分も、無駄な事をしていないと言うこの気持ち良さ

自分が案内を送る立場になった際は、
臆せずこの2行を使いたいと思います。


ついでに言うなら返信ハガキの宛名部分…。

“様”の文字を書くスペースをわざわざ空けて、
ずらして“行き”って書くのも変な心遣いですよね。



…あっ…そう言えば…

そんな事考えながら書いてた先日の返信ハガキ…。
“御”を消すのすっかり忘れて返信しちゃったなぁ…。

…まぁ…いいや

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。